この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Kemenkes: Vaksin Sinovac Berisi Virus Mati,
Hampir Tak Mungkin Sebabkan Orang Terinfeksi

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
22/01/2021, 15:32 WIB


保健省は、ワクチンを注射されてから1週間後にCovid-19が陽性であった、ブパティ・スレマン・スリ・プルノモ氏の症例について話しました。

ワクチン接種のスポークスマンであるシティ・ナディア・タルミヅィ(SitiNadia Tarmizi)博士は、シノバックのワクチン接種を受けた人が、ワクチンのためにコロナウイルスに感染することはほとんど不可能であると強調しました。

これは、ワクチンに死んだウイルスが含まれているためです。

「シノバック・ワクチンは死んだウイルス(不活化)を含むワクチンであるため、誰かを感染させることはほとんど不可能です」と、金曜日(22/1/2021)にKompas.comが受け取った声明の中でナディア氏は述べました。

 ナディア氏によると、時系列を見ると、スリ・プルノモ氏はワクチン注射を受けた潜伏期内であった可能性が高いため、ウイルスにさらされたが症状がない可能性があります。

 彼は、曝露から中程度および高度のウイルス症状が現れるまでの時間は、当然、約5〜6日であると説明しました。

「ワクチンは1月14日であり、PCRスワブの結果は1月20日に陽性であるため、タイミングは正しい」と彼は説明した。

ナディア氏は、Covid-19ワクチン接種には2回の注射が必要であることを強調しました。

これは、免疫システムがウイルスと効果的に戦う方法を理解するのに時間がかかるために行われます。

 彼によると、最初の注射は最初の免疫反応を引き起こすために行われ、2番目の注射は形成された免疫反応を強化するために行われます。

「これによって、将来、より速く、より効果的な抗体反応が引き起こされます。」とナディア氏は言いました。

close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。