この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Khawatir Learning Loss,
Nadiem Dorong Pemda Buka Sekolah

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Sabtu, 23/01/2021 00:50 WIB


教育文化大臣のナディム・マカリム氏は、地方自治体に対し、学校での対面学習を直ちに開始するよう要請した。

ナディム氏は学生の学習損失を心配しています。 学習損失は、教育と学習のプロセスの遅れにより、各世代が知識を得る機会を失う現象です。

「学校がPJJ(遠隔教育)を行うのが最も難しい地方自治体のために、すぐに対面でそれを始めてください。

実は、対面の仕事は健康プロトコルと50パーセントの能力で行わえます。」 ナディム氏は金曜日のオンラインディスカッションで言った(22/1)。

ナディム氏は、パンデミック状態では学習損失を避けるのは難しいと評価した。 そのため、文部科学省は、学生が自宅で勉強しなければならない限り、PJJの実施を強化しています。

文部科学省は、3,570万人の学生と教師にインターネット割り当て支援を提供しています。文部科学省はまた、学校が遠隔教育の目的で学校運営支援(BOS)資金を使用できるように、規制を緩和しました。

それでも、ナディム氏は、すべての地域が遠隔教育を完全に実装できるわけではないことを認めています。 そこで彼は、地方自治体が対面学習の実施を開始できることを望んでいます。

「遠隔教育を行うのが非常に難しい学校は、再び対面する必要があります。それが唯一の解決策であり、取り残されないようにします」とナディム氏は述べています。

「遠隔教育を行うのが非常に難しい学校は、再び対面する必要があります。それが唯一の解決策であり、取り残されないようにします」とナディム氏は述べています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。