タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Minister issues PPKM extension instruction
to prevent COVID-19 spread

オンラインメディア「アンタラ」が伝えています!
Senin, 25 Januari 2021 16:15 WIB


内務大臣のTito Karnavianは、COVID-19の蔓延を防ぐために、ジャワとバリでの人々の移動(PPKM)の制限の拡大に関する2021年の大臣命令第2号を発行しました。

内務省の情報センターの責任者であるベニー・イルワン氏は、2021年1月22日に署名された大臣の指示を確認した。

大臣は「COVID-19」の蔓延を防ぐためにPPKM延長命令を発令

7つの州の人々の移動の制限は1月26日からさらに2週間延長されます。

  1. ジャカルタ
  2. 西ジャワ
  3. バンテン
  4. 中部ジャワ
  5. ジョグジャカルタ
  6. 東ジャワ
  7. バリ

7つの州の優先地区と都市では、人々の移動に対する制限が強化されます。

西ジャワで優先される地区と都市は、

  1. ボゴール地区
  2. ブカシ地区
  3. チマヒ市
  4. ボゴール市
  5. デポック市
  6. ブカシ市
  7. バンドン

 

  • バンテン州では、タンゲラン地区、タンゲラン市、南タンゲラン市が優先
  • 中部ジャワでは、スマランラヤ、バニュマス、スラカルタなどが優先
  • ジョグジャカルタのジョグジャカルタ市、バントゥル、グヌンキドゥル、スレマン、クロンプロゴ地区が優先
  • その他の優先地区は、東ジャワのグレータースラバヤとグレーターマラン、バリ島のバドゥン地区とデンパサール市が含まれます。

人の移動制限の延長は、COVID-19取り扱い・国家経済復興委員会(KPC-PEN)が1月11日から25日に人の移動制限の第1段階に実施した監視の結果に基づいています。

大臣は、指示を通じて、地域の長に、それぞれの地域に応じてCOVID-19の蔓延を引き起こす可能性のある公共活動の制限を合理化するよう要請した。

制限があるため、自宅で働く従業員の数は全従業員の75%を占める必要があり、レストランでの外食訪問者の数は最大で座席数の25%である必要があり、礼拝所での礼拝者の数は容量の最大50%である必要があります。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。