この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Kemnaker Sebut 153 WN China Bekerja
di 41 Perusahaan

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Senin, 25/01/2021 20:32 WIB


労働省は、インドネシアに来た153人もの中国人が41社で労働許可を持っていると述べた。

彼らの到着は、法務人権省の入国管理局によって確認されました。

「153人の外国人のうち、すでに41社の労働許可とインドネシアでの限られた滞在許可を持っている」と労働省「労働者配置雇用機会局長」スハルトノ氏は、述べた。月曜日(1月25日)。

彼は、Covid-19パンデミック中の海外旅行の健康プロトコルに関する2021年のCovid-19処理タスクフォースサーキュラー(SE)No.2の基に、許可が与えられたと述べました。

この規制には、2021年2月8日までのインドネシアへの外国人(WNA)の到着の禁止が含まれています。

しかし、スハルトノ氏は、これらの国の153人の市民は、海外旅行ではなく規制の免除になると述べました。

「タスクフォース(新型コロナウイルス緊急対策本部)の書簡では、外国人である外国人旅行者は外交居住許可と公的居住許可が免除されると説明されていた。

その後、限定滞在許可カードと永住許可カードの所有者は」と彼は言った。

しかし、外国人労働者(TKA)を雇用している企業部門について尋ねられたとき、彼は答えませんでした。

スハルトノ氏も中国人外国人労働者のスキルに答えたがらなかったので、インドネシアに来るように促したが、外国人労働者を雇用している企業部門(TKA)について尋ねられたとき、彼は答えなかった。

以前、法務人権省の移民総局の広報部長であるアフマド・ヌルサレ氏は、中国人の外国人労働者は、インドネシアへの入国が禁止されている外国人ではなく、除外されると説明した。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

1 thought on “労働省は41の会社で働く153人の中国人市民を呼んだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。