この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

FPI: Transaksi Luar Negeri untuk Bantu
Rohingya dan Palestina

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Selasa, 26/01/2021 17:02 WIB


イスラム防衛戦線(FPI)のアジズ・ヤヌアル副書記長は、多くの口座からの外国取引はミャンマーとパレスチナの人道援助機関に向けられたと述べた。

「取引は私たちの兄弟、ラカインとアラカンのロヒンギャ、そしてパレスチナのためにミャンマーに向けられた」とアジズは火曜日(26/1)にWhatsapp経由でCNNIndonesia.comに語った。

FPIに属する多数の口座からの外国取引の存在は、以前にFinancial Transaction Analysis Reporting Center(PPATK)<金融取引分析レポーティングセンター>によって検出されていました。

ただし、取引は、組織、個人、その他の大衆組織が行うことができるため、何に関しても取引を確認することができません。

アジズ氏はまた、取引がテロ活動を支援する一環としてFPIによって行われたという当事者による主張を否定した。

「それらの凶悪な告発」と彼は言った。

アジズ氏とは対照的に、FPI ムナルマン書記長は、多くのFPIメンバーが行った外国取引の目的には答えなかった。実際、彼は「特定の当事者」が顧客を奪っていると言った。

以前、ムナルマン書記長は、当局が誰かのアカウントを恣意的にブロックしたと判断したため、社会に否定的なスティグマ(汚名)を生み出す可能性のあるPPATK<金融取引分析レポーティングセンター>の措置に抗議しました。

月曜日(1月25日)に、PPATKは、複数のFPIメンバーによって実行された海外での取引を発見しました。 FPIの取引に関する分析・審査の結果は警察に提出されます。

PPATKが実施する分析および調査は、法定規則に違反する目的で金融システムが使用されているかどうかを確認するために実行されます。

PPATKは、2021年1月18日まで92のFPIアカウントをブロックしました。これは、2020年12月末にFPI大衆組織が政府によって活動を行うことを禁止された後に調査するために行われました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。