タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

100 Percent Death Rate Due to Nipah Virus in India

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Rabu, 27/01/2021 07:14 WIB


世界がCovid-19のパンデミックに焦点を合わせているとき、専門家はニパウイルス(NiV)を抑制して、次のパンデミックにならないようにしようとしています。

ワクチンや治療法がないため、ニパウイルスによる死亡率はかなり高いです。

1998年から1999年の間にマレーシアで発生したと考えられているニパウイルスは、シンガポール、バングラデシュ、インドなどの多くの国に広がっているため、懸念を引き起こしています。

<過激内容でご注意>インドのニパウイルスによる100%の死亡率

WHOの記録によると、1998年にマレーシアで265例が発生し、火曜日(26/1)に「ニパウイルス感染症」というタイトルでWHOが発行した議事録を引用して、105人もの患者が死亡したと宣言されました。

2001年2月、インドのシリグリでは66例が発生し、45人が死亡または68%の死亡が宣告されました。

その後、2005年1月から3月に、バングラデシュのタンガイルで最大92パーセントの死者が出ました。 12人の患者のうち11人がニパウイルスへの曝露により死亡しました。

2007年4月、インドのナディアで症例が蔓延したとき、ニパウイルスに感染した5症例と5患者が死亡または100%の死亡と宣言されました。

1998年から2008年にかけて世界にニパウイルスが蔓延したとき、WHOは477例を記録し、248人が死亡しました。 累積額が死亡の52パーセントである場合。


<ニパウイルス:病原体の特徴>

マイナス一本鎖RNAウイルスであるパラミクソウイルス科へニパウイルス属ニパウイルスによる。ニパウイルスの自然宿主はオオコウモリで、感染オオコウモリの尿などの排出物からウイルスが分離される。1998年から1999年にかけて,マレーシアで始めてニパウイルス感染症が確認された。マレーシアでのニパウイルス感染症の流行では、オオコウモリから養豚場で飼育されているブタにニパウイルスが感染し、ブタの間で呼吸器症状を呈する感染症が流行した。その感染ブタからヒトへ、気道分泌物などの体液を介してウイルスが感染し、ヒトの間で脳炎が流行した。感染ブタがシンガポールに輸出され,それが感染源となりシンガポールのと畜場労働者にもニパウイルス感染症が発生した。2001年以降、バングラデシュ,インドでもニパウイルス感染症の流行が確認されている。これらの地域では,オオコウモリから直接ヒトがニパウイルスに感染し、ヒト-ヒト感染も認められている。(図1)。ヒトにおける症状は、マレーシアでは脳炎が中心であったが、バングラデシュ・インドでは呼吸器症状も多く報告されている。

参照ページはこちら


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。