この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Isolasi Pasien Negatif dan Wafat,
RS di Semarang Dipolisikan

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Rabu, 27/01/2021 21:00 WIB


患者の家族は、covid-19患者に関連する医療ミスの疑いで、中部ジャワのスマラン・テロゴレジョ病院を報告しました。

 患者の父親であるロピン・シアントゥリ氏は、この報告を中部ジャワ地域警察の特別刑事捜査局に報告した。

東ジャカルタのポンドック・バル・チジャンツンの居住者であるロピン氏は、彼の長男であるサムエル・レヴェン氏(26)が、2020年11月3日にスマラン・テロゴレジョ病院の隔離室で治療を受けている間に死亡したと報告しました。

父親は病院が最適な治療を提供していないと非難した。

医療チームによって、サミュエル氏は、反応性(アクティブ)であると宣言された迅速検査の結果を見た後、隔離室に入れられました。

PCR スワブテストの結果が陰性であると宣言された後、サミュエル氏は隔離室から解放されることはありませんでした。

「彼がアクティブの時、私たちは従いました、サミュエルは隔離されました。翌日PCRスワブテストが行​​われ、明後日は否定的な結果が現れました。しかし、サミュエル氏は翌日まで彼の状態が突然危機的になり、死んだ」と語った。

また、サミュエルの母親であるエルニ・マルサウリーナ(50)は、長男を思い出すと涙を流し続けます。

エルニさんは、病気の状態で子供を捨てたように見える病院の態度について考えるのをやめることはできません。 エルニさんは、サミュエルに食べ物や飲み物を残すたびに、病院はいつも彼が嫌がっていたと言いました。

  • 抗体検査:「アクティブ」と「ノンアクティブ」がある
  • PCRスワブ検査:「陽性」と「陰性」がある

カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。