この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Kasus Penggelapan Dana AJB Bumiputera
Rp8 M, 3 Jadi Tersangka

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Kamis, 28/01/2021 09:37 WIB


南ジャカルタ地方検察庁は、「アシュランシィー・ジワ・ブルサマ・ブミプトラ社」からの資金の横領という形で、詐欺犯罪の証拠と3人の容疑者のフェーズ2の訴訟ファイルを提出しました。

南ジャカルタ検察庁の諜報部門の責任者であるオディット・メゴノンド氏は、火曜日(26/1)に移送された3人の容疑者は、元最高マーケティング責任者(2013時)のアグスティアルヘンドロ氏であると述べた。

さらに、元エンジニアリング部門長「アシュランシィー・ジワ・ブルサマ・ブミプトラ社1912」プマタン・シアンタール地域事務所 ムハマド・ジョニ・ナスション氏と民間社員のヨン・マリオノ・ビン・ワギマン・ハルト・ミハルジョ氏

「フェーズ2は、2021年1月26日火曜日の10.00 WIBでアグスティアルヘンドロ氏ムハマド・ジョニ・ナスション氏、およびン・マリオノ・ビン・ワギマン・ハルト・ミハルジョ氏

で移動して南ジャカルタ検察庁で終了するまでです」とオディティ氏は声明で述べています。

この場合、事件は2013年に発生したとされています。 当時、PT AJB Bumiputera 1912の取締役会は、交渉チームの従業員およびその他の関係者に対する代理人の申請料「84億ルピア」を承認していました。

合意は2人の代理人を通じて行われたと彼は言った。
横領は疑われた容疑者によって操作されます。

つまり、ASKUM PT.Bridgestone Sumatra Rubber Estate(BSRE)でのMITRA SAVE製品との従業員福祉製品(PPK)の切り替え/交換の実装に関連する成功として、感謝のコストがエージェントに割り当てられているかのようです。 AJBブミプトラ1912でBSREにて起こったと彼は言った。

オディット氏は、「捜査官は行われた犯罪行為は保険犯罪である」と説明しました。 したがって、その後、事件は地方裁判所に進められ、汚職の犯罪行為については地方裁判所に進められません。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。