この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

30 Persen Pasien RS Covid-19 Jakarta
dari Luar DKI, Ini Reaksi Bupati Zaki

オンラインメディア「ソアラ」が伝えています!
Kamis, 28 Januari 2021 | 14:42 WIB


DKIの副知事アドマド・リザ・パトリア氏は、DKIジャカルタのCovid-19患者の総数について、約28〜30パーセントがDKIの外部から来たと述べました。

タンゲラン県知事アーメド・ザキ・イスカンダル氏もこれに関して、応答をしました。

ザキ氏は、Covid-19問題については、すべての当事者が協力しなければならないと評価しました。

ジャカルタ、ボゴール、デポック、タンゲラン、ブカシ(ジャボデタベック)地域も例外ではありません。

なぜなら、ザキ氏は、これは単なる健康問題ではないからです。

「同じように、私たちはジャカルタの人々の世話もしている。だからジャボタベックは協力すべきだと思う」とザキ氏は木曜日(2021年1月28日)のタンゲラン県多目的ビルで記者団に語った。

「人々はジャカルタに入ることを許可されていない場合、ジャカルタ(多くの)人々もタンゲランに入ります。

シロアーム・クパラ・ドゥア病院またはタンゲラン病院を見てください。

オープンハウスもあります。人類のために制限しません。」と彼は付け加えた。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。