タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Jelang Imlek, Pedagang Pernak-pernik
di Tangerang Keluhkan Sepi Pembeli

オンラインメディア「ソアラ」が伝えています!
Kamis, 28 Januari 2021 | 07:35 WIB


2572年の旧正月のお祝いはまだ約16日間あります。 しかし、商人は彼らの商品を売り始めました。

この状態は、タンゲラン地区のジャラン・キサマウンにあるコタタンゲランオールドマーケットで見られるものです。

中国の旧正月に近づき、タンゲランの装身具商人は孤独な買い手に不平を言う

中国の商人は料理の中心エリアを埋めるぐらいに並び始めました。

封筒や人形の販売から、中国文化に深く関わっている提灯まで。

しかし、Covid-19のパンデミックにより、トレーダーは指を噛みました。中国の小物を売るバイヤーはまだ少ない。

また、今年発売される中国の小物の在庫もかなり少ないです。

トレーダーの一人であるダニ氏は、今年送られた装身具の在庫はかなり少ないと言いました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。