この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Korupsi PTDI, Eks Pegawai Setneg
Ditanya Pengadaan Helikopter

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
 Jumat, 29/01/2021 21:08 WIB


汚職撲滅委員会(KPK)は、2007年から2017年にPTディルガンタラ・インドネシア(PTDI)での販売およびマーケティング活動の調達における汚職の疑いについて、元国務長官のインドラ・イスカンダル氏の調査を完了しました。

現在 下位議員 DPRの事務局長であるインドラ氏は、金曜日(29/1)に容疑者の「ブディマンサレ」氏の証人として調べられました。 KPK執行スポークスパーソン代理のアリ・フィクリ氏は、ヘリコプターの調達と保守に関して目撃者に質問があったと述べた。

この兆候は、腐敗防止捜査官が火曜日(26/1)に国務省事務局の元総局長であるピピン・スプリアトナ氏と元国務省事務局長のトフィックス・カサ氏の調査を完了した後に明らかになりました。

「2人の目撃者は、PTディルガンタラ・インドネシア航空機サービスの調達プロジェクトに関して、州事務局の特定の当事者が多数の資金を受け取ったとされることに関して知識を調査した」とアリ氏はその時火曜日(26/1)に述べた。

アリ氏が続けて、二人の証人は、容疑者の「ブディマン・サレ」氏について調べられた。 KPKは、「ブディ​​マン氏」が686,185,000ルピアの資金の流れを受け取ったと疑っています。

このブディマン氏は、PTDIで航空構造のディレクター(2007-2010)、航空機統合のディレクター(2010-2012)、および商取引と再構築のディレクター(2012-2017)を務めたときにこの事件に関与しました。 最近では、ブディ​​マン氏はPT PALインドネシア(ペルセロ)の社長を務めていました。

KPKは、刑法第55条(1)1に関連して、汚職の根絶に関する2001年法律第20号により改正された、1999年法律第31条第2条または第3条でブディマン氏に告発した。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。