この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Puluhan juta vaksin AstraZeneca diperkirakan
tiba di RI kuartal I

オンラインメディア「アンタラ」が伝えています!
Minggu, 31 Januari 2021 22:31 WIB


保健省は、アストラゼネカが製造した数千万のCOVID-19ワクチンが、世界保健機関(WHO)とのワクチンおよび予防接種のための<※>グローバルアライアンス(GAVI)COVAX施設を通じて2021年の第1四半期にインドネシアに到着すると予想されていると述べました。

<※>グローバルアライアンス(GAVI)COVAX (ワクチンを共同購入する仕組み) 資料https://www.mhlw.go.jp/content/10501000/000672596.pdf

日曜日にジャカルタで受け取ったプレスステートメントに基づいて、保健省のCOVID-19ワクチンのスポークスパーソン博士、シティ・ナディア・タルミジィ氏

 2021年1月29日付けのGAVIからの書簡は、初期段階でのインドネシアへの無料ワクチンの割り当てが、アストラゼネカによって製造されたワクチンの約1,370万から2,310万回分であることを示していると説明しました。

ワクチンは2段階で送られます。つまり、2021年の第1四半期に25〜35パーセント、第2四半期に初期段階の割り当ての65〜75パーセントになります。アストラゼネカ製のこのワクチンは、60歳以上の人々の予防接種に使用できます。

 「これは私たちの外交の成功です。COVAXを通じて無料のワクチンを利用でき、すぐに現在存在する種類のワクチンを確実に補完します。

アストラゼネカワクチンは、この時代に使用できるワクチンの1つです。60歳以上で使用できるワクチンの1つであり、この年代」が最も高い死亡率を示している」とシティ・ナディア・タルミジィ(Siti NadiaTarmidzi)氏は述べています。

COVAXファシリティとの世界ワクチン同盟(GAVI)は、92の中低所得国が無料のCOVID-19ワクチンを同等に入手できるよう支援することを目的とした国際組織です。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。