この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

DPR dan Ekonom Kritik Penghentian
BLT Subsidi Upah

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Rabu, 03/02/2021 08:53 WIB


国民信託党(PAN)国会の委員会IXのメンバーである、サレハ・パルタオナン・ダウライ氏(Saleh PartaonanDaulay)は、今年、給与が500万ルピア未満の労働者に対する賃金補助金(BSU)またはBLTの終了を批判した。

彼によると、この政策は、労働者、特に毎日の収入がCovid-19パンデミックの影響を受けている労働者の購買力を高めるために依然として必要です。

同氏は火曜日(2/2)にCNNIndonesia.comに語った。「これが止められれば非常に残念です。さらに、景気回復が期待通りに進んでいないことがわかります。

サレハ氏は、賃金補助金の援助は今年拡大されるべきであると評価した。 これは、昨年、特に、このプログラムの目標を達成できなかった、非正規労働者がまだ多かったためです。

「昨年は多くの労働者がこの支援を受けていなかった。BPJS社会保障に登録されていない非公式労働者も多いので、今年は彼らがターゲットになるはずだ」と彼は付け加えた。

問題が国家予算の問題であるならば、政府は援助を止めるべきではなく、むしろ予算配分を減らすべきだったと彼は言った。

さらに、給与が500万ルピア未満の従業員の対象となる受取人を、州の最低賃金(UMP)を以前受取った従業員のみに変更することもできます。

「この地域には、まだ給料がUMPの人がたくさんいます。ジャカルタとは異なり、UMPも小さいです。これは彼らの消費を増やすのに重要です」と彼は言いました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。