この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Stasiun Tetap Layani Rapid Test Antigen
meski Ada Layanan Tes GeNose

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
03/02/2021, 18:25 WIB


PT Kereta Api Indonesia(KAI)の広報担当副社長であるジョニ・マルティヌス氏は、長距離鉄道駅がCovid-19検出のための抗原迅速検査サービスを提供し続けることを保証しました。

 2021年2月5日以降、PT KAIはCovid-19を検出するためのGeNoseテストサービスの提供も開始しましたが、迅速抗原検査サービスは削除されていません。

 「ステーションでの迅速抗原検査サービスはまだ存在します。現在、ジャワ島とスマトラ島の46のステーションで利用できます」

とジョニcは水曜日(2021年3月1日)にKompas.comに語った。

ジョニ氏は、GeNoseテストは確かに長距離列車で旅行するための要件になるだろうと言いました。

ただし、列車のユーザーは、旅行の条件として、迅速抗原検査またはポリメラーゼ連鎖反応(PCR)綿棒検査の結果を引き続き使用できます。

そうすれば、人々は今多くの選択肢を持っています。

ただし、初期段階では、GeNoseテストサービスは、セネン駅、ジャカルタ、ジョグジャカルタ駅の2つの駅でのみ利用できます。

 「トライアル中またはローンチ前に請求される料金は20,000ルピアです」とジョニー氏は言いました。

この料金は、105,000ルピアの費用がかかる駅での迅速抗原検査の料金よりもはるかに安いです。

 駅でGeNoseテストとRapidTest Antigenサービスにアクセスしたい列車のユーザーは、列車に乗り遅れないように、出発予定日の1日前に来ることをお勧めします。

Ge Nose関連記事:


カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。