この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Polda Metro Akan Bahas Pemasangan Kamera ETLE
dengan Transjakarta dan Pengelola Jalan Tol

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
03/02/2021, 18:14 WIB


ジャカルタ警視庁交通局の電子交通法執行機関カメラ(ETLE)の配置に関して、PT.Trans jakartaおよび有料道路管理者と調整します。

ジャカルタのETLEカメラの数は増加します。

ETLカメラの追加は、警察が交通違反を監視しやすくするためのものです。 ジャカルタ警視庁交通局長のコンベス・ポルサンボド・プルノモヨゴ氏は、ETLEカメラの配置に関する議論は近い将来行われると説明した。

 「近い将来、カメラの設置に関する最新情報について、トランスジャカルタと有料道路の管理者との会議を開く」とサンボド氏は水曜日(2021年3月2日)にジャカルタ警視庁で記者団に語った。

サンボド氏は、ETLEカメラの設置計画は、ジャカルタの10のトランスジャカルタ路線といくつかの有料道路で実施されると付け加えた。

カメラの設置に関する議論は、提出された50台の第3段階ETLEカメラの追加に関するDKIジャカルタ州政府の決定を待っています。

以前、ジャカルタ警視庁交通局のは、PT Trans jakartaと有料道路管理者に、違反の数を減らすためにETLEカメラを設置するように依頼しました。

トランスジャカルタルートにETLEカメラが存在することで、警察はバスウェイを突破しようとするドライバーに対して行動を起こすことが容易になります。

有料道路に設置されたETLEカメラは、速度を超えて通過する車両に対して行動を起こす際に警官を支援することもできます。

警察は、2021年までにジャカルタの多くの道路に設置される100台のETLEカメラを目標としています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。