この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Terungkap! Belasan Terduga Teroris JAD
dari Makassar Ternyata Anggota FPI

オンラインメディア「アンタラ」が伝えています!
Kamis, 04 Februari 2021 | 12:55 WIB


南スラウェシのマカッサルからジャカルタまでインドネシア警察の「テロ対策警察特殊部隊:Densus 88」によって護衛された数十人のテロ容疑者の背後に新しい事実が明らかになりました。

ジャマー・アンシャルット・ダウラ(JAD)の数十人のテロ容疑者が、禁止された組織であるイスラム防衛戦線(FPI)のメンバーであることが明らかになりました。


Jamaah Ansharut Daulah:ジャマー・アンシャルット・ダウラ(JAD)
「ジャマー・アンシャルット・ダウラ」(JAD)は,2014年,「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)を支持するインドネシアの過激説教師アマン・アブドゥルラフマン(収監中)が,ISIL支配地域へのヒジュラ(移住)や「ジハード」の奨励を通じたISIL支援を掲げ,配下2人(初代指導者マルワン及び2代目指導者ザイナル・アンショリ。


これは、木曜日(2021年2月4日)に確認されたときに、南スラウェシ地域警察の広報責任者であるコンベス・エズルファン氏によって明らかにされました。 ズルファン氏は、数十人のJADテロ容疑者がマカッサルFPIのメンバーであると述べた。

FPI:イスラム保守強硬派団体「イスラム擁護戦線」

「したがって、容疑者として指名され、テロ対策警察特殊部隊による、さらなる取り扱いのためにジャカルタに連れてこられたすべての人々は、マカッサル市のFPIのメンバーとしても登録された」とズルファン氏は述べた。

数十人のテロ容疑者が以前、南スラウェシのマカッサルからジャカルタに飛んでいました。 彼らはスカルノハッタ空港に12時頃に到着する予定です。

これは、国家警察本部警察の広報部長であるアフマッド・ラマダン氏によって伝えられました。 しかし、彼はジャカルタに連れてこられたテロ容疑者の正確な数については言及しなかった。

「マカッサルの数人のテロ容疑者がゴロンタロ経由でジャカルタに連れて行かれる」とラマダン氏は水曜日(2021年3月2日)の夜に記者団によって確認されたときに言った。

情報に基づくと、テロ対策警察特殊部隊によってジャカルタに連れてこられたテロ容疑者は約17人でした。 しかし、ラマダンはそれについてあまり話すことを躊躇しています。

FPI関連記事:

カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。