この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Jokowi Ungkap Arahan ke 5 Gubernur:
Perkuat PPKM Level Mikro dan 3T

オンラインメディア「デティコム」が伝えています!
Kamis, 04 Feb 2021 20:04 WIB


ジョコ・ウィドド大統領は昨日、5人の知事との会談の内容を明らかにした。

この会議は、コミュニティ活動制限(PPKM)の実施を効果的にするためのものでした。

「昨日、コミュニティ活動を効果的に制限するために、DKIジャカルタ知事、ジョグジャカルタ特別地域知事、西ジャワ州知事、中部ジャワ州知事、バリ州知事と会いました。

そこで、2つのことの重要性を伝えます。 昨日まではこの分野で欠けていた事があった」と語った。

ジョコウィ氏は、PPKMで最大限に行われていない、現場の実行<テスト、追跡、および治療(3T)>に関しての2つの事があると述べました。

そのため、彼は知事にミクロレベルで現場のPPKMを強化するよう要請した。

「これは、私たちが現場での既存の活動を強化したいということを意味します。

したがって、ミクロレベル、kampung 村、desa 村、町内会 RW、隣組RTレベルでのコミュニティ活動を制限することが重要であり、鍵はそこにあります。現場で取り組む必要があります。彼は言った。


  • kampung 村:伝統的に形成された住宅/建物
  • desa 村:「デサ」実際には町や都市の外にある田舎の住宅地

ジョコウィ氏はまた、知事に彼らの地域での検査、追跡、治療の取り組みを強化するよう要請した。彼は、COVID-19患者と接触した少なくとも30人の追跡を実施するように求めました。

「次に、政府側から2番目のこと、つまりテスト、追跡、および治療。

これは、COVIDテストが実行され、それが見つかった場合、少なくとも30人はすぐに追跡することを意味します。この人と接触した人を追跡し、見つけ、隔離をする。それが私が強調していることです」とジョコウィ氏は言いました。

「この2つ。現場が強化され、テスト、追跡、および治療(3T)も再び強化。しかし、3M(『マスク』『手洗い』『距離を取る』をコミュニティに思い出させ、マスクを着用し、距離を保ち、手を洗うことも忘れないでください。

それがポイントだったと思います。昨日の知事5人との会談」と続けた。

一方、地域での予防接種の実施に関して、ジョコウィ氏は現在順調に進んでいると述べた。 後で、予防接種プロセスも実行されます。

「はい、うまくやっています。しかし、それはまだ病院や保健センターで行われています。後で、ゲロラ・セナヤンでまとめて行われる今日のようなこともあり、ワクチン接種プロセスをスピードアップします」とジョコウィ氏は言いました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。