この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

DKI Pastikan Jalur Sepeda Permanen
Sudirman-Thamrin Tak Lewat Trotoar

オンラインメデイア「テンポ」が伝えています!
7 Februari 2021 15:15 WIB


DKIジャカルタ運輸局の責任者であるシャフリン・リプト氏は、中央ジャカルタの「Jalan Sudirman-Thamrin」の常設自転車レーンが歩道を横断しないことを確認しました。 彼は、恒久的な自転車専用車線が道路上に建設されると述べた。

「それ(歩道)は歩行者専用になるだろう」と彼は2021年2月7日日曜日に連絡を受けたときに言った。

DKIジャカルタ州政府は、運輸局を通じて、2021年3月に完成する予定の常設自転車専用車線を建設しています。2019年に「ファトマワティ」から「ドゥクアタス」までの自転車専用道路の試験中に、DKI知事のアニースバスウェダン氏はグループ歩道に数回乗った。

シャフリン氏は、常設の自転車専用レーンは、ユーザーの安全性、セキュリティ、快適性の側面を満たすために作られたと述べました。 このため、この車線には保護柵が設けられ、自動車からのサイクリストの安全が確保されます。

「自転車専用車線を保護するために、相互接続されたチェーンのような形の植木鉢(プランターボックス)を使用しています」と彼は言いました。

提供される補完的な施設には、経路探索、自転車道の交差点のフットレスト、歩道の自転車ラックの形の休憩所が含まれます。

この11.2キロメートルの長さと2メートルの幅の自転車レーンは、9つのトランスジャカルタバス停、6つのMRTジャカルタ駅、1つの通勤電車駅、1つの空港列車(ライリンク)駅、1つのジャボデベックLRT駅に接続されます。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。