この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Menteri Kesehatan Beli GeNose UGM
untuk Diuji dan Diajukan ke WHO

オンラインメディア「テンポ」が伝えています!
Selasa, 9 Februari 2021 17:37 WIB


ブディ・グナディ・サディキン保健相は、ガジャ・マダ大学(UGM)のジョグジャカルタ製のCovid-19検出キット、つまりGeNoseをいくつか購入しています。 これらのツールは、世界保健機関(WHO)に提出​​されるUGM研究者とともに、保健省で再度テストされます。

ブディ氏は、2021年2月9日火曜日にジャカルタで開催された国会の保健委員会との合同会議で、「後で可決されることを願っている」と述べた。

この計画は、ゴルカル派の委員会メンバーであるデウィ・アスマラ氏からの質問に応えてブディ氏によって提出されました。 「私たちはすでにGeNoseを持っていますが、テストやトレースにも使用されますか?」 彼は言った。

GeNoseは、迅速抗原のような鼻粘液ではなく、呼吸によるCovid-19検出ツールです。 このツールは、2020年12月24日に保健省から配布許可を受け取りました。

実際、このツールは2021年2月3日から、<国鉄>PT Kereta Api Indnesia(Persero)の乗客に使用されています。価格は1回の検査で2万ルピアに設定されており、105.000ルピアに達する迅速抗原よりも安価です。

ブディ氏によれば、GeNoseは確かにスクリーニングに適しています。

しかし、ブディ氏は、GeNoseを医療診断として使用することはできないと強調しました。 「医学的にWHOの承認を得ることができるからです」と彼は言いました。

GeNose UGM開発チームのクワット・トゥリヤナ会長も、このツールをWHOに提出することを決定しました。 「だから、それは全国レベルで止まらない」と、UGM  GeNose開発チームリーダーのクワット・トゥリヤナ氏は2020年12月28日月曜日にTempoに語った。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

1 thought on “ガジャ・マダ大学のCovid-19検出キット「GeNose」 を購入し、テストしてWHOに提出(保健大臣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。