この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Masih Jalankan Normalisasi,
Wagub DKI Minta DPRD Cek-Ricek

オンラインメデイア「CNNインドネシア」が伝えています!
Kamis, 11/02/2021 15:28 WIB


DKIジャカルタ「アフマッド・リザ・パトリア」副知事は、インドネシアの首都での河川正常化プログラムはまだ州政府によって運営されていると述べた。

その上で、リザ氏はDKI DPRDのメンバーに、正常化に関して一般に声明を出す前にもっと注意するように求めました。

「繰り返しになりますが、正規化プログラムはまだ存在しており、廃止または廃止されたことはありません。

したがって、DPRDのメンバーである人に意見を伝えたい場合は、それは権利と権限、義務です。

しかし、声明を出す前に、もう一度チェックし、もう一度調べてもらい、一般の人々に声明を出すようお願いします。

以前は、河川の正常化プログラムが脚光を浴びていました。ジョコウィ時代に洪水を制御するためにDKIの知事として存在していたプログラムは、2017-2022年中期開発計画(RPJMD)の改正案で削除されたと言われています。

これは当初、インドネシア連帯党(PSI)のDKIジャカルタDPRDのメンバーであるジャスティンウンタヤナ氏によって明らかにされました。

しかし、リザ氏は強調し、プログラムは改訂されたRPJMD草案の第IV章にまだリストされています。

「正常化は、中央政府の支援を受けて、前政権によって宣言された優れたプログラムです。アニス氏の私たちは皆、コミュニティのすべての意見、支援、願望に対応し、私たちが信じていた、前の指導者のプログラムを継続します。」と語った。

彼はさらに、現在も実施されている正規化プログラムの証拠は、DKIジャカルタ州政府によって予算化された用地取得資金の額から見ることができると述べた。

「2020年には、最大数千億ルピアの支援、多かれ少なかれ最大7,810億ルピアの用地取得に関連し、チルウン水路などを含む正規化プログラムを支援する」と彼は述べた。

<関連記事>当サイトより

もうアホック氏の正常化時代を続けない、これがアニス氏の洪水克服方法


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。