この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Sudah Sembuh 3 Bulan, ‘Alumni’ COVID-19 Boleh Vaksin? Ini Faktanya

オンラインメディア「デティコム」が伝えています!
Jumat, 12 Feb 2021 07:58 WIB


COVID-19ワクチンの存在は、パンデミックを終わらせるための新たな希望を提供します。

ただし、例外が含まれ、予防接種を受けることはできません。

これは、保健省が発行したCOVID-19ワクチン接種の実施に関する「技術的指示」に記載されています。

確認された感染陽性歴は、予防接種を受けないようにするいくつかの基準の1つです。

しかし、2021年2月9日に内科専門医協会(PAPDI)が最新の勧告を発表したとき、新たな希望が生まれました。

その勧告の1つは、治癒した後、少なくとも3か月間は経過しているという事が条件に言及しています。

インドネシア保健省のワクチン接種スポークスマンである「シティ・ナディア・タルミジ」博士は、ウェビナーで、

「COVID-19治療済みの生存者が、3か月間以内に治癒が終わっていた場合は、新たにワクチン接種を受けることができるという勧告を通じて、PAPDIからも朗報が与えられた」と述べた。 「ワクチン接種されたCovid-19を手に入れよう」。火曜日(2月9日/2021)。


<PAPDIの推奨事項>

COVID-19ワクチン接種に関するPAPDIの完全な推奨事項

<中略> わかりやすく大切な部分を記します(編集員判断)

  • 3か月以上回復した場合、3か月以上回復した場合は、COVID-19ワクチンを接種する必要があります。

59歳を超える個人の場合、Coronavacワクチン接種の適格性は、RAPUHアンケートから得られた個人の虚弱状態によって決定されます。得られた値が2を超える場合、その個人はまだ資格がありません


カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。