この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Kasus pembuangan sampah APD,
Polres Bogor tetapkan dua tersangka

オンラインメディア「アンタラニュース」が伝えています!
Rabu, 10 Februari 2021 0:08 WIB


西ジャワ地域警察のボゴール警察は、ボゴール県で個人用保護具(PPE)を含む数十個のゴミ袋を不注意に投棄した事件で2人の容疑者を指名した。

火曜日(2月9日)、ボゴールのパルンにある「ジャボン・ムカール村」のCovid-19取り扱いポストを調べた後、ボゴール警察署長のAKBP ハルン氏は、「医療廃棄物処理業者を逮捕した。2人いる」と述べた。

それでも、ハルン氏は誰が関与したのか、そして有害で有毒な(B3)廃棄物を不注意に捨てる意図と目的について詳しく述べたくありませんでした。

「それは誰なのか、後で仕事になるのか。確かなのは、テンジョ氏とチグデグ氏の医療廃棄物の処分という2人の加害者をすでに逮捕したことだ」とハルン氏は語った。

彼によると、医療廃棄物の処理には、認定された関係者による特別な取り扱いが必要です。 そのため、医療廃棄物の処理が手順に従わずに行われた場合、それは犯罪行為であることが確実です。

ボゴール県政府は、2つの異なる農地で2日間連続して医療廃棄物で満たされた袋の山を発見しました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

1 thought on “個人用保護具のゴミ処理で、ボゴール警察は2人の容疑者を指名

  1. 医療用のゴミは、やはり危ないものが多いのも、日本でも常識、インドネシアでも常識で、警察が動いてくれたの事は、よかったです。日本人も注意してインドネシアの常識を見守っていきたいものです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。