この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Polri Surati Komnas HAM,
Minta Barang Bukti Kasus Laskar FPI

オンラインメディア「ソアラ」が伝えています!
Senin, 15 Februari 2021 | 12:57 WIB


国家警察本部は、6人のFPI兵士の死亡事件の調査結果に関連する証拠を要求する手紙を「国家人権委員会」に送った。

ジャカルタ-チカンペック有料道路で射殺された6人のFPI兵士のうち4人の死に関連した人権侵害の申し立てがあったと結論付けた、国家人権委員会の調査結果をフォローアップするための要請が提出された。

犯罪捜査庁・犯罪総局長准将「アンディ リアン ジャジャディ」氏は、今朝月曜日(15/2/2021)に国家人権委員会に証拠を要求する手紙を送ったと述べた。

「それは今朝送られた」と確認されたとき、月曜日(15/2/2021)にアンディ氏は言った。

以前、国家警察本部の広報部門である、カロ・プンマスは、ルスディ・ハルトノ准将が「国家人権委員会」の調査結果を徹底的に調査したと主張した。

少なくとも2つの懸念事項があります。つまり、FPI準軍組織への攻撃と、不法殺害または超法規的殺害の申し立てです。

ルスディ氏はまた、国家人権委員会に調査から証拠を要求する予定であると述べた。 これは、提出されたFPI兵士組織の死に関する、「国家人権委員会」調査の結果を追跡するために証拠が必要であるためです。

先週木曜日(11/2)、南ジャカルタのケバヨランバルにある警察本部のルスディ氏は、「国家警察がこの問題をフォローアップするために、より重要なことは、現在国家人権委員会によって管理されている証拠がある」と述べた。

国家人権委員会は以前、ジャカルタ-チカンペック有料道路のKM 50で射殺された6人のFPI兵士のうち4人の死の背後で、悪意のある警察官によって人権侵害が行われたとされていることを明らかにした。 しかし、国家人権委員会は、申し立てられた違反は「基本的人権の範疇」には入らないと述べた。

木曜日に政治・法務・安全保障担当調整省で行われた記者会見で、国家人権委員会議長のアフマド・タウファン・ダマニック氏は、「その方向への兆候は見当たらない(重大な人権侵害)」と述べた。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

1 thought on “国家人権委員会にFPI兵士事件の証拠を求める(国家警察)

  1. 強硬派と呼ばれているFPIが、地方警察とのトラブルで、国家警察が出てきているが、いわゆる人権派団体がFPIの正当性を主張して、両者で「人権侵害があった!なかった!」主張し合っている。サイト内にもFPIの記事は、たくさんあるので「JKTLIFE NEWS」のカテゴリに多くあるので、ご参照ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。