この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

BMKG Prediksi Cuaca Ekstrem di 24 Wilayah

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Selasa, 16/02/2021 09:16 WIB


気象気候地球物理庁(BMKG)は、2021年2月15日から21日までの1週間以内に、インドネシアのいくつかの地域で異常気象が発生する可能性があると警告しました。

BMKGの記録に基づくと、現在、342のシーズンゾーンの96%が梅雨に入っており、梅雨のピークは2021年1月から2月に発生します。

BMKG分析の結果は、今後数日で、インドネシアのいくつかの地域で雨雲の成長の可能性が高まることを示しています。

これは、依然としてインドネシアの領土を支配し、インドネシアの一部で活発なロスビー赤道波とケルビン波によって強化されているアジアモンスーンによるものです。

「これらの条件に基づいて、異常気象の可能性についての認識を高める必要があります」と、火曜日(16/2)の書面による声明の中で、BMKGの気象副局長[グスワント氏」は述べました。

さらに、インドネシア北部とオーストラリア北部の低気圧の中心は、風向と風速パターンに影響を与える可能性があり、それによってインドネシア領土周辺の雨雲の成長の可能性を高めます。

大雨が予測されるいくつかの地域、すなわち:

  1. Sumatera Barat
  2. Sumatera Selatan
  3. . Banten
  4. DKI Jakarta
  5. Jawa Barat
  6.  Jawa Tengah
  7. DI Yogyakarta
  8. Jawa Timur
  9. Bali
  10. Nusa Tenggara Barat
  11. Nusa Tenggara Timur
  12. Kalimantan Barat
  13.  Kalimantan Tengah
  14. Kalimantan Selatan
  15. Kalimantan Timur
  16.  Kalimantan Utara
  17.  Sulawesi Utara
  18. Sulawesi Tengah
  19. Sulawesi Selatan
  20.  Sulawesi Tenggara
  21. Maluku Utara
  22. Maluku
  23. Papua Barat
  24. Papua

カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

1 thought on “気象気候地球物理庁は24の地域で異常気象を予測

  1. 今ジャワ島では、ジャカルタ近郊では、異常な雨の多さで、みなさん苦しんでいらっしゃいます。今までなかったはずの、雨漏りや道の洪水発生など。お気を付けください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。