この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Izin Darurat Vaksin AstraZeneca
Segera Diterbitkan BPOM

オンラインメデイア「CNNインドネシア」が伝えています!
Selasa, 16/02/2021 15:41 WIB


食品医薬品局(BPOM)の責任者であるペニー・クスマストゥティ・ルキト氏は、インドネシアでのAstraZeneca Covid-19ワクチン緊急使用許可(EUA)の発行を検討する準備をしていると述べました。

ペニーは、アストラゼネカワクチンに関して世界保健機関(WHO)から緊急使用リスト情報を受け取ったと述べました。

現在、BPOMは、EUAアストラゼネカワクチンを提供できるように、WHOの研究データを待っています。

今日、多くの外国メディア、WHOがアストラゼネカワクチンの緊急使用を許可し、ワクチンを世界的に発売できるようにしたと報告されました。

WHOは、品質、安全性、有効性のデータ、リスク管理計画、およびアストラゼネカワクチンプログラムの適合性を4週間以内に評価しました。

ワクチンは、18歳以上のすべての年齢層にワクチンを推奨するWHO予防接種スペシャリスト戦略諮問グループによってレビューされています。 WHOの勧告によると、アストラゼネカの有効性は63.09パーセントです。

ペニー氏は火曜日の仮想記者会見で、「近い将来、それを待っているので、WHOからデータを取得するとすぐに、約5〜10日間のパフォーマンスでEUAを提供できると約束している」と述べた。

ペニー氏は、Covid-19ワクチンの安全性、品質、有効性に関するデータをWHOから受け取った後、BPOMはこのデータに基づいた研究を行った後、すぐにEUAを提供すると説明しました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。