この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

MK Bakal Proses Gugatan Kemenangan
Bupati NTT Terpilih Orient

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Rabu, 17/02/2021 12:48 WIB


憲法裁判所(MK)は、東ヌサテンガラ(NTT)ニコデムス・N・リヒ・ヘケ-ヨハニス・イリー・ケールの市民権論争に関して、西サブ・ライジュア県のピルカダで「候補者ペア番号1」が提起した訴訟を受け入れて処理することを保証します。NTTオリエントP.リウコレ氏県知事に選出。

「請願書として、技術的には裁判所の登録官は拒否できないので、申請ファイルは受け入れられ、訴訟法に従って処理されます」と、MKのスポークスマンのファジャール・ラクソノ氏は水曜日(17/2)にCNNIndonesia.comへのテキストメッセージで述べました。

しかし、ファジャール氏は、請願の法的評価は依然として裁判官の委員会の権限であると強調した。

訴訟の申請者は、請願書の提出期限やその他の規定など、憲法裁判所に適用される訴訟法を完全に理解している必要があることを明らかにした。

「請願書において、請願者は、適用される訴訟法を完全に理解していることを認めている」と彼は述べた。

以前、「候補者ペア番号1」のニコデモ・N・リヒ・ヘケ-ヨハニス・イリー・ケールは、彼の弁護士によって代表され、選出された摂政、オリエント・リウコレ氏の市民権論争に関する選挙をめぐる紛争を提出するために憲法裁判所に来ました。

選挙紛争訴訟の登録は遅すぎるが、法務チームは、2021年2月初旬にのみ明らかにされたオリエント氏の市民権に関連する重大な違反の申し立てがあることを考慮して、憲法裁判所が事件を検討できることを望んでいる。

「候補者ペア番号2」のキャンセルを申請するオリエント氏。憲法裁判所が法的な突破口を提供し、期限などの請願の欠点に関係なく正義を提供できることを願っています。それにより、期限の件は最初に脇に置かれます。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

1 thought on “憲法裁判所はオリエント氏をNTT県知事に選ぶ、勝利訴訟を処理する

  1. 地方(NTT)選挙で違法な事が行われたようで、裁判所に訴訟に来た、訴訟団が期限に遅れたようですが、とりあえずは、訴訟を受け取ってもらえているらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。