タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

UU ITE Plus Buzzer,
Ancaman Kebebasan Berpendapat Era Jokowi

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Kamis, 18/02/2021 07:38 WIB


情報電子取引法(UU ITE)は、近年、インドネシア人の言論の自由に対する最大の障害となっています。

法律に含まれる「どのようにでも解釈できる条文」は、市民が意見を表明するための「幽霊・亡霊」になります。これは、国内法および国際法によって保証されるべきです。

ブザー(警報)については、情報電子取引法を含み、市民がサイバースペースで意見を持つために、課題として多くの関係者からも言及されました。

民主主義の本質は乱されています。

表現の自由に焦点を当てた非営利団体である東南アジアの表現の「自由ネットワーク(SAFEnet)」は、ITE法が2008年から2018年10月31日に制定されて以来、約381人の情報電子取引法の犠牲者がいると述べた。

約90%が名誉毀損で起訴され、残りは悪意のある表現で起訴されました。

一方、2020年には、「ネチズン」の刑事事件が84件発生し、そのうち64件がITE法に違反しました。

SAFEnetの表現の自由部門の責任者であるイカ・ニングティアス氏は、実際には、記者の多くは役人、執行官、投資家から来たと述べた。

「傾向はそのようなものですが、2020年には執行官の割合が高くなる傾向があります」と水曜日(17/2)に電話でCNNIndonesia.comから連絡を受けたIka氏は言いました。

情報電子取引法 Plus警告、ジョコウィ時代の言論の自由への脅威<分析>

SAFEnetデータベースでは、ITE法が改正されたため、2016年に最も多くのケースが発生していました。合計83件でした。

一方、2017年は53件、2018年は25件、2019年は24件でした。

イカ氏は、ITE法に復讐、沈黙の批判、ショック療法、集団迫害などの規則を含めることにより、報告書から罰のパターンがあったと述べた。

彼女はこの規則を言論の自由と沈黙の批判を抑圧する試みと見なした。

「そうです、特に第27条第3項と第28条第2項の使用は、彼らの願望を合法的に批判し、導く人々のために使用されているので、「意見の自由を抑制し、批判を沈黙させる]ことは明らかです。」と彼女は言いました。

その過程で、イカ氏は続けて、名誉毀損の報告がITE法の実施においてトップの位置を占めました。 その後、悪意のある表現、品位違反、フェイクニュースが続きます。

「その傾向は依然として名誉毀損であり、第28条第2項のヘイトスピーチです」と彼女は付け加えました。

さらに、イカ氏は、ブザーの存在とITE法は、意見の自由に関して直接的にも間接的にも相互に関連していると述べた。

同氏は、「インターネット上での表現における課題は増加している。ITE法とは別に、ブザーが存在する。ブザーは、デジタル攻撃を実行し、ITE法の下で報告するために、より真剣に取り組むことができる」と述べた。


<サイト内関連記事>

ジョコウィ大統領:情報電子取引法の改正を!しかし倫理的なデジタル空間を維持


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。