この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Jokowi: Bulan Puasa,
Vaksinasi Muslim Dilakukan Malam Hari

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Kamis, 18/02/2021 09:29 WIB


ジョコ・ウィドド大統領は、ラマダンの月のイスラム教徒に対するCovid-19ワクチン接種プロセスは夜に行われると述べました。

 一方、非イスラム教徒の場合、予防接種は日中に行われます。

ジョコウィ氏は水曜日(17/2)、ジャカルタのムルデカ宮殿でナショナルメディアの編集長と会談した際、「断食月には、夜間に予防接種が行われる。非イスラム地域の予防接種は日中も残る」と述べた。

ジョコウィ氏によれば、このワクチン接種プログラムは、Covid-19ウイルスに対する公的免疫を構築するために実行されなければなりません。

ジョコウィ氏は、1億8200万人のワクチン需要を満たすために、現在、シノバック、5000万アストラゼネカ、5000万ファイザー、5000万ノババックのワクチンから1億4000万個を調達するという約束を受けたと語った。 一方、ワクチンの総必要量は4億2600万回です。

「それで、私たちはまだ約1億2000万回分のワクチンが不足している」とジョコウィ氏は言った。

インドネシアウラマー評議会(MUI)のファトワ委員会の議長である、「ハサディアンAF」氏は、ラマダンの月に断食中にCovid-19ワクチンを注射しても、断食をキャンセルすることはできないと以前に主張しました。

ハサヌディン氏は水曜日(17/2)にCNNIndonesia.comに「私の意見は[キャンセル]することではない」と語った。

絶食中のワクチン接種は絶食を無効にしないと評価しました。 さらに、予防接種は今日の人間が必要とする救急医療です。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。