この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Anies Klaim Permukaan Air di Sejumlah
SungaiJakarta Sudah Kembali Normal

オンラインメディア「ソアラ」が伝えています!
Minggu, 21 Februari 2021 | 19:03 WIB


DKIジャカルタ知事のアニスバスウェダン氏は、日曜日(2020年2月21日)に首都の多くの川の水位が下がったと主張した。

「今朝から、Ciliwung川、Krukut川、Subnter川、Pesanggrahanの水面が通常の位置に到着した」と、アニス氏は南ジャカルタのマンガライ・ウォーターゲートで記者団に語った。

ジャカルタ州外からの水の流入が減少したため、アニスは言った。

「それで今朝から、中央と上流地域からのジャカルタの外からの水の流入は減少した」と彼は言った。

一方、カリ・アンケ川については、タンゲラン地域からの流入がまだあるため、水位は通常に戻っていないとアニスは述べた。

「カリアンケはまだ非常に多くの水を受けているので、アンケ川の左右の地域にはまだ水たまりがあります」と彼は言いました。

しかし、アニスは、数時間以内にカリアンケ川の水位が下がることを保証しました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

1 thought on “ジャカルタ特別州知事は、ジャカルタの多くの川の水位が正常に戻った

  1. 今回の洪水、川の氾濫は、ここ数年なかった。驚きを隠せない。ジャカルタ近郊まで入れれば、国を上げて取り組まなければならない問題なのであろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。