この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Ini Beda Vaksin Nusantara dari
Vaksin Covid-19 Sinovac dan Lainnya

オンラインメディア「テンポ」が伝えています!
Selasa, 23 Februari 2021 07:27 WIB


アイルランガ大学のアンワル・ニドム教授は、ヌサンタラワクチンと他のCovid-19ワクチンの違いについて説明しました。

AntiCovid-19と呼ばれるワクチンは、元保健大臣のテラワン・アグス・プトゥラント氏と彼のチームによって、中部ジャワのスマランと米国から開発されました。

「違いは運動活動にある」と彼は2021年2月22日月曜日の午後に連絡したときに言った。

ニドム教授財団(PNF)研究所チームの議長でもあるニドム氏によれば、従来のワクチンは通常、抗原(不活性なウイルスまたはタンパク質サブユニット)を持っている人に注射されます。

次に、体は抗体を形成するプロセスを実行することができます。

これは、インドネシアや他の国々で配布されているSinovacワクチンで行われたことと似ています。

「ですから、ワクチン接種後に抗体が見つからないのは、現時点では不思議ではありません。抗体はありますが、保護的ではありません。

「防御抗体はあるが、その人はまだウイルスに感染している」とニドム氏は述べた。

「ヌサンタラワクチン」は異なります。

このワクチンは、ニドム氏が「抗体工場」と呼んでいる樹状細胞に基づいています。外側で刺激やいじめられ、誰かに注入される、この樹状細胞が、感染するウイルスを中和する準備ができている抗体を生産することが期待されています。

「ヌサンタラワクチン」は、癌に対するワクチン技術の先導していると彼は説明しました。違いは、細胞癌治療で癌タンパク質で刺激された場合、ヌサンタラワクチン技術ではCovid-19ウイルスタンパク質に置き換えられることです。

「樹状細胞が古くなると、ウイルスを中和する能力が若い樹状細胞に伝わります。そのため、ヌサンタラワクチンの抗体が一生続くと言っても間違いではありません」と彼は付け加えた。

しかし、アイルランガ大学獣医学部の教授は、現在議論されている問題は、集団免疫を形成すると予想されるワクチン接種という用語であると説明しました。これは、ヌサンタラワクチン自身が方法のために個別であるためです。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

1 thought on “国産「ヌサンタラワクチン」はシノバックス Covid-19ワクチンやその他とは違う

  1. 詳細はわからないが、このやり方は、従来のワクチン2つの作り方とは、アプローチの仕方が違う様に見える。中和させるなどの言葉が出てきたり、ウィルスを攻撃するであろう物は、自分自身でそれを作り出すようでもあるので、ワクチンと呼ばれる物自身の量は、1度の注射で済むのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。