この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

UU Cipta Kerja: Bikin PT Perseroan Perorangan
Tak Perlu Akta Notaris

オンラインメディア「テンポ」が伝えています!
Senin, 22 Februari 2021 16:48 WIB


有限責任会社(PT)の設立は、公証人の証書なしで行うことができるようになりました。 この利便性は、雇用創出法を通じて政府によって形成された新しい法人、すなわち有限責任(有限責任の個人事業)を持つ個々の企業に適用されます。

2021年2月22日月曜日、ジャカルタでの声明の中で、法務人権大臣のヤソンナラオリ氏は、「個々の会社では、事業者は1人の創設者だけで有限責任会社を設立することができます」と述べています。

これまでのところ、PTの設立は公証人と最低2人の管理者によって行われなければなりません。 1人のディレクターまたはコミッショナー。 しかし、この個々の会社では、コミッショナーを必要とせずに1つで十分です。

以前、政府は雇用創出法に関して49のデリバティブ規制を制定していました。 それらの1つは、企業の授権資本および零細および中小企業の基準を満たす企業の設立、修正、解散の登録に関する2021年の政府規制(PP)番号8です。

公証人のいないPTの規定は政府規制に含まれています。 そのため、現在、PTは、設立声明フォームに電子的に記入するだけで設立できます。 「公証書は必要ありません」とヤソンナ氏は言いました。

しかし、ヤソンナ氏は、この個々の会社の法人は公証人の役割を否定することを意味しないと述べました。 ヤソンナ氏は、公証人が、個々の会社を電子的に設立する人々から相談され、支援する場所であり続けることを望んでいます。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

1 thought on “雇用創出法:PTの個々の会社が公証人の証書を必要としない

  1. インドネシア人からすると、これにより会社を起業しやすくなると思うのであろうか?
    法人格になり、対外的に信用が得られるかもしれない。というはあるだろうが。
    我々外国人からしたら、そのようになり、よかったとしか思えないが、
    大した規則変更ではないのかもしれない。それぞれの立場の人に聞いてみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。