この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Gegana KorBrimob Polri latihan perang di Meikarta

オンラインメディア「アンタラニュース」が伝えています! 
Senin, 22 Februari 2021 14:13 WIB


「市街戦演習は、特に銃器や爆発物を使用する犯罪や、ハイレベルの犯罪を予測することです」と、月曜日にチカランの警察移動旅団ゲガナ軍の司令官、レザ・アリエフ・デワント警察准将は述べました。

彼は、土曜日(20/2)の朝から正午までの演習は、「ジャングル」と「農村地域」または都市部、特に「大都市」または「中規模の町」での大規模な演習の実施であったと述べた。

「これまでのところ、訓練は部分的なものに過ぎません。このゲガナ軍内のいくつかのユニットと能力仕様を運用に統合する、市街戦という大きなタイトルの訓練を実施したのは初めてです」と彼は言いました。

レザ氏は、犯罪を予測するためのトレーニングは、現場で勤務しているメンバーの犠牲者の数を最小限に抑えることを目的としていることを確認。

「今回はゲガナ軍のランク<以下の様な>のすべての重要な要素が含まれるため、大規模と呼ばれます。

つまり、

  • ウォンターラー部隊
  • ジボム部隊および
  • KBR部隊

からの技術によってサポートされています

「今回は、バンテック<支援と技術>部隊の技術で支えられた、ゲガナ部隊の重要な要素、すなわち、ウォンターラー<テロ対策>部隊、ジボム<爆弾処理>部隊、KBR<化学、生物学、放射能)処理>部隊がすべて含まれるため、大規模と呼ばれる」と彼は述べた。

ゲガナ軍は、洪水の犠牲者を支援することに加えて、大雨の状況で市街戦演習を実施し、安全とセキュリティの状況を確保することにより、プロ意識を維持しました。

「私たちは、カムティブマがどんな悪い状況でも助けになることを確実にしたい。チカランのメイカルタ市とは別に、ジャボデタベック地域の他の場所でも同様の戦争ゲームを行っている」と彼は言った。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。