この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Aturan Baru Jokowi:
Status Pegawai Kontrak Kini Semakin Lama

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
 01/03/2021, 07:33 WIB


政府は、特定の時間労働協定(PKWT)、アウトソーシング、労働時間と休憩時間、および雇用の終了に関する2021年の政府規則(PP)番号35を発行しました。

この規制では、議論されている重要な記事の1つは、特定の時間労働協定(PKWT)に関連しています。

雇用創出法に基づくPPでは、PKWTのステータスが5年に延長されています。

一方、2003年法律第13号(労働法)の旧規則では、契約社員またはPKWTのステータスは最大3年であると規定されています。

 2021年の政府規則第35条の第4条では、PKWTは期間または仕事の完了に基づいていると述べられています。

PPの第5条に従い、PKWT自体との作業契約は限定された作業です。

つまり、完了が長くないと推定される種類の作業のみを対象としています。

PKWTは、季節性のある仕事、および新製品、新活動、またはまだ試行中または調査中の追加製品に関連する仕事にものみ適用されます。

言い換えれば、PKWTは、1回限りの作業、または本質的に一時的な作業の一種の契約です。

労働法との違いは第6条にあり、雇用創出法により契約社員の在職期間が最長3年から5年に変更されています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。