この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

SoftBank Siapkan Rp66,97 T untuk Merger Yahoo-Line

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Selasa, 02/03/2021 06:56 WIB


ソフトバンクコーポレーションはZホールディングを通じて、YahooとLineのアプリケーションの合併を完了するために5000億円または47億米ドルの投資ファンドを準備する予定です。

投資額は66.97兆ルピア(1米ドルあたり14,250ルピアの為替レート)に相当します。

この資金は、合併完了までの期間に応じて、人工知能(AI)の専門家である約5,000人のエンジニアを5年間雇用するために使用されます。

合併により、支払われた投資ファンドが返還されることが期待されます。

2023年には最大2兆円または266兆ルピア(為替レートは1円あたり133ルピア)の収益と2250億円または29.92兆ルピアの利益をもたらすことさえできます。

それだけでなく、この投資は、グーグル、アマゾン、フェイスブックからアップル、または彼らの競争相手であるGAFAとして知られている米国企業から日本でのZホールディングスの市場シェアを高めることができると期待されています。

日経アジアが月曜日(3月1日)に引用したZホールディングスの川邊健太郎社長兼共同最高経営責任者(CEO)は、「世界レベルでは、コロナウイルス(パンデミック)の間にGAFAとのギャップが拡大した。しかし、日本では、当社のサービスの人気が高まっている」と述べた。 )。

会社の計算に基づくと、Yahoo-Lineの合併により、Zホールディングスはオンラインメッセージング、オンラインニュース、金融サービスの分野で巨大な存在になります。 ユーザーの総数は3億人以上に達すると推定されています。

この合併では、ソフトバンクはネイバーの韓国株の50%をラインで取得しました。 その後、その部分は65.3パーセントに増加します。

<投資ファンド>

投資ファンドは、複数の投資家から集めた資金を用いて投資を行いそのリターンを分配する仕組みをいう。単にファンドともいう。投資信託として組成されることがあるが、一方で、いわゆる投資事業組合として組成されることもあり、文脈によってはいずれか一方のみを指すことも多い。(Wikipedia)

<Zホールディングス>

Zホールディングス株式会社は、ソフトバンクグループ傘下の日本の持株会社。 元々は1996年1月にヤフー株式会社として設立された企業であるが、2019年10月1日をもって会社分割により持株会社に移行し、法人名を改めた。(Wikipedia)


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

1 thought on “ソフトバンクがYahoo-Lineの合併に向けてRp.66.97Tを準備

  1. インドネシアの「グラブ」にも投資している「ソン」さんの会社であると、メディアは知っている。また、日経の英語版をチェックしているから、このような記事が出てくるのであろうと思われる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。