この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

7 Fakta Mutasi Virus Corona B.1.1.7
Inggris yang Sudah Masuk ke Indonesia

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
02/03/2021, 17:05 WIB


Covid-19の症例がインドネシアで最初に検出されてからちょうど1年後、現在はイギリスのコロナウイルスの突然変異であるB.1.1.7が出現しています。

この発表は、火曜日(2/ Maret/2021)。

彼は、イギリスからあるいはB.1.1.7からのコロナウイルスの突然変異がインドネシアに入ったことを確認しました。 このコロナウイルス変異を伴うCovid-19の2つのケースがあります。

「昨夜、ちょうど1年で、インドネシアでB.1.1.7 UK変異が見つかったという情報を受け取りました。

例え話ですが、これは「オーブン」から取り出したばかりで、これまで2つのケースがありました」とダンテ氏は述べています。

では、コロナウイルスB.1.1.7の突然変異とは何ですか?

インドネシアに侵入したB.1.1.7コロナウイルスの変異に関する事実は次のとおりです

  1. WGS法の検出法により、ダンテ氏(前保健副大臣)は、過去数か月にわたって実施された全ゲノム配列(WGS)法を使用して462のサンプルを調べた結果から、B117変異の2症例の所見が見つかったと説明しました。

米国疾病予防管理センター(CDC)からの報告によると、WGSは、1つのプロセスで生物のゲノムの塩基配列を決定する実験手順です。 WGSは、調査中の1つのケースを他のケースにリンクするのに役立ち、アウトブレイクをより迅速に検出して解決できます。

  ダンテ氏は、B.1.1.7変異に関連する2つの症例の発見により、インドネシアはますます深刻なレベルの困難を伴うCovid-19パンデミックに直面するだろうと述べた。(本文は続きます)


カテゴリー「ニュース」記事リスト

1 thought on “コロナウイルス変異に関する7つの事実:イギリスのB.1.1.7がインドネシアを攻撃

  1. インドネシアのオンラインメディアは、なるべく分かり易く、オンラインを見る人たちに説明しようとしているのがわかります。日本は、大きなメディアで解説記事はあまり見ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。