この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Bos BKPM: Freeport Menjadi
Pengalaman Kelam Bagi Kita

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Kamis, 04/03/2021 07:08 WIB


投資調整委員会(BKPM)の責任者であるバーリル・ラハダリア氏は、PT Freeport Indonesiaは、天然資源を管理する大企業の株式の国家所有に関して暗い経験をしたと述べた。

これは、金鉱会社が国内で操業してから数十年の間、州はその株式の9.63パーセントしか保有していないためです。

フリーポート・マクモランとのかなり厳しい売却プロセスの後、政府は2018年に51.2パーセントしか所有していませんでした。

「フリーポートは私たちにとって暗い経験になりました。フリーポートインドネシアが建設された1970年代には、州は完全には参加していませんでした」と彼は水曜日(3/3)のMNCグループ投資家フォーラム2021イベントで述べました。

したがって、バーリル氏は、政府は同様の事件が再び起こることを望んでいないと述べた。したがって、電池産業の発展において、政府は国有企業を関与させて国有を代表することになります。

なお、国有企業省は、電池産業を発展させるために「インドネシア電池公社(IBC)」を設立する予定です。開催は、PTインドネシアア・サハン・アルミニウム(ペルセロ)またはMIND ID、PTアネカタンバンTbk、PT PLN(ペルセロ)、およびPTプルタミナ(ペルセロ)で構成されています。

彼らは後に電気自動車のバッテリーの開発に投資する外国人投資家と協力するでしょう。現在、投資を約束している2人の投資家は、投資額が98億米ドルのLGと52億米ドルのCATLです。

<NNAニュースより>

韓国LGとバッテリー事業に1兆円、投資庁

「私たちはこのLGに参加します。アンタム、マインドID、プルタミナ、PLNなどの国営企業がLGのチームに参加します。そのため、彼らはCATLと同様に参加します。私たちは、地域の起業家と中小企業の誰もができることを望んでおり、全国と協力する必要があります。」と述べた。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

1 thought on “投資調整委員会の責任者:フリーポートは私たちにとって暗い経験

  1. 世界的に見て、日本のバッテリー業界は、やはり遅れているのか?パナソニックやソニーなど、日本の名前が付いている所も、すでにグローバル企業だから、日本の会社ではないかもしれないし!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。