この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Ternyata Ini yang Bikin Jokowi
Gaungkan Benci Produk Asing

オンラインメディア「デティコム」が伝えています!
Kamis, 04 Mar 2021 16:14 WIB


今朝、ジョコ・ウィドド大統領はインドネシアの人々に国産の地元の製品をもっと愛するように勧めました。

実際、ジョコウィは外国製品を憎む(避ける)ようにという誘いも繰り返した。

貿易大臣のムルトゥフ氏は、ジョコウィ氏の思惑についてすぐに明らかにした。

 彼は、ジョコウィ氏の声明が、国境を越えた製品、国境を越えた商品を販売する電子商取引する商人たちまたはオンラインショップの存在に関する彼の報告によって動機付けられたことを認めた。

「大統領の発言には背景があることを明確にする必要がある。大統領へ行った私の報告は、電子商取引における不適切な慣行の報告に関するものである。

略奪的価格取引における違法な慣行である世界的な電子商取引慣行は、競争」と述べた。実質的に木曜日(2021年4月3日)に行われた貿易大臣の声明の中で。

ムルトゥフ氏によると、国を超えて外国製品を販売するeコマースプレーヤーの存在は、国内のビジネスの存在を脅かしています。 貿易大臣として、彼は重大な注意を引くために2日前にジョコウィ大統領にこれを報告しました。

「これらの問題のために「中小零細企業」を失うので、これは2日前に貿易会議を開くように彼に頼む私の報告です」と彼は言いました。

 

以前は、ハッシュタグ#SellerAsingBKillUMKMもTwitterで賑わった。 これは、Mr.Hu(胡氏)の愛称で呼ばれる外国の売り手の存在によって引き起こされました。 これらの外国の売り手は、海外から直接輸入された製品を販売しているため、価格は地元のインドネシアの売り手が販売する同様の製品よりも安い。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

1 thought on “これが、ジョコウィが外国製品を嫌っている理由

  1. 外国製品をインターネットで買う事ができる時代に入っているが、その商品が、インドネシア国内に存在するのか?国外に存在するのか?これだけで、品物の動きが違う。お金の動きが違う。国内でお金や商品が動いてもらうのが良いという考え方から言えば、当然このような話になる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。