この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Kemenkes Ungkap Antibodi Vaksin
Covid-19 Hanya 65 Persen

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Minggu, 07/03/2021 16:31 WIB


保健省のワクチン接種スポークスパーソンであるシティ・ナディア・タルミジ氏は、これまでのところ、covid-19ワクチン接種は65%の抗体防御しか提供しないと強調しました。

これは、予防接種を受けた居住者がまだコロナウイルスにさらされるリスクがあることを意味します。

ナディア氏の声明は伝えられ、ワクチン注射を2回受けたにもかかわらずCovid-19に感染していると宣言されたセランのリーダ「ラトゥ・タツ・チャサナ」氏の調査結果に対応しました。

「28日後に最適な抗体が形成されるため、感染する可能性があります。その後、ワクチン保護は100%ではなく65%になります。健康プロトコルが実装されていない限り、感染のリスクは依然として存在します」

とナディア氏CNNIndonesia.comに応えました。

しかし、ナディア氏によると、ワクチン接種を受けた者がCovid-19にさらされた場合、深刻なCovid-19症状を経験することはほとんどあり得なく、症状やOTGがないか軽度の症状しか経験しません。

「ワクチンは深刻な病気に対する予防策を提供します。つまり、病気になったとしても、発生する症状は軽度または中等度の症状であり、重度の症状ではありません。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

1 thought on “保健省がCovid-19ワクチン抗体65%のみ防御

  1. ワクチンを受けても、すぐにコロナの危機さらされれば、おおよそ1ヶ月程度、経過しないと、感染する可能性がある。この65%とは、2回のワクチン接種を受けても、この程度であるということなでしょうか?よくわからない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。