この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Sambut Ramadhan, Pemerintah Mau Impor
Daging Sapi hingga Bawang Putih

オンラインメディア「デティコム」が伝えています!
Minggu, 07 Mar 2021 22:34 WIB


政府は、ラマダン月のために、在庫の安全を維持し、不足がないように、154,398トンの牛肉/水牛を輸入することを計画しています。

輸入期間は5月までです。

一方、この1年間で、牛肉の輸入は281,867トンに達すると推定されています。 輸入肉はブラジルとメキシコから来ています。

農業省の食糧安全保障局の長であるアグン・ヘンドリアーディ氏は、日曜日(2021年3月7日)にdetik.comから連絡を受けたとき、「不足がないようにいつ実行するかについてはすでに計画がある」と述べた。 )。

肉とは別に、政府は5月まで、3年間(2017〜 2019年)の平均輸入量に基づいて、他のいくつかの主要食品、すなわちニンニク257,824トンも輸入する予定です。 政府はまた、5月までに646,944トンの砂糖を輸入する予定です。

「経済調整省の調整の下で、私たちは輸入する量といつ入るかについて予測を行ったので、ラマダン月の履行は安全であると推定されています」とアグン氏は言いました。

「確かに、牛肉、ニンニク、そして砂糖については、まだ輸入が必要です」と彼は付け加えた。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

1 thought on “ラマダンを歓迎し、政府は牛肉からニンニクまで輸入したい

  1. 一部の大手のスーパーでは、中国産のニンニクが、大量にありました。たしかにインドネシア産は、少なかったです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。