この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Vaksin AstraZeneca Tiba,
Pemerintah Makin Yakin Ekonomi Cepat Pulih

オンラインメディア「ソアラ」が伝えています!
Selasa, 09 Maret 2021 | 15:02 WIB


アストラゼネカが製造した110万回分のCovid-19ワクチンが、世界保健機関またはWHOからのCovid-19ワクチン・レシピエントの優先国プログラムであるCOVAXプログラムを通じてインドネシアに到着。


<参考資料>

COVAX:新型コロナウイルスワクチンを共同購入し途上国などに分配する国際的な枠組みで、2020年に発足した。

世界保健機関(WHO)が主導し、途上国へのワクチン普及を進める国際組織「Gaviワクチンアライアンス」や感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)などと連携して取り組んでいる。

高・中所得国は、拠出金をCOVAXに支払い、拠出金は開発や製造設備の整備に使われる。(日本経済新聞)

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM197HE0Z10C21A2000000/


 

これを受けて、経済担当調整大臣府のスシウィジョノ・モエギアルソ事務局長は、国民経済がより早く回復することをますます楽観視している。

「昨夜、2番目のワクチンであるアストラゼネカに再び到着しました。

4億2680万回の接種が必要です。

年末までに目標が達成されることを願っています。

集団免疫または集団免疫が形成されます」と、「チェーン職業マップ・仮想ロジスティクスと供給」の開始時にスシウィジョノ氏は述べています。火曜日(2021年3月9日)。

このため、スシウィジョノ氏は、年末までにワクチン接種プロセスがスムーズに進み、Covid-19ウイルスの拡散を制御できれば、2021年に政府が目標とする4.5〜5.3%の経済成長を達成できると考えています。

<中略>

110万回の投与の到着は、インドネシアがCOVAXプログラムを通じて受け取った1170万回のアストラゼネカワクチンの一部です。 これらの1170万回の投与の到着はこの時点で始まり、2021年5月に完了する予定です。

それだけでなく、COVAXプログラムとは別に、アストラゼネカを通じたインドネシアと英国の間の二国間協定を通じて、さらに5,000万回分のワクチンが到着します。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

 

close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

1 thought on “「アストラ・ゼネカ」のワクチンが到着。政府は経済が急速に回復すると確信

  1. インドネシアのワクチン獲得戦略は、まあまあ上手くいっているように見える。ただし、さまざまな種類(中国製・ヨーロッパ・これからアメリカ製も)を入れているので、国民に何かあった時に、しっかり対応できるか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。