この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Ketua KPK Sebut 3 dari 7 Buronan Ada di Luar Negeri

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Rabu, 10/03/2021 21:00 WIB


汚職撲滅委員会(KPK)のバフリ・ファーリ委員長は、指名手配リスト(DPO)に含まれていた7人の逃亡者または容疑者のうち3人が海外にいたと述べた。

 一方、他の4つのDPOについては、彼は彼らの所在を知らなかったことを認めた。

「指名手配リストに関して。7人のうち、3人は永住権を持っているため、海外にいることを確認した。

しかし、4人については、彼らがまだインドネシアにいるのか海外にいるのかを確認できない」とファーリ氏はワーキングミーティングで述べた。委員会IIIDPR RI、セナヤン国会議事堂、水曜日3月10日)

さらに、彼はこの時点で7人の逃亡者がまだ生きているかどうかを確認できませんでした。 ファーリ氏は、7人の逃亡者が今まで亡くなったというニュースを受け取っていなかったことを認めました。

「今日まで、指名手配リストの誰かが亡くなったために埋葬されたというニュースはなく、彼が埋葬された場所と誰が埋葬されたかの墓石はまだ見つかっていません」とファーリ氏は述べています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。