この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Respons Menpora Usai 3 Orang Positif Covid-19
di IBL 2021

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Rabu, 10/03/2021 20:44 WIB

青年スポーツ大臣(メンポラ)ザイヌディンアマリは、水曜日(3月11日)IBLインドネシア・バスケットボールリーグの公式ウェブサイトからの報告によると、「ビマ・プルカサ・ジョグジャ」のプレーヤーである、ラフマッド・フェブリ・ウトモ氏は、PCRテストを実施した後に陽性であることが知られました。

フェブリ氏とは別に、Covid-19で陽性結果を示した他の2人は、「サトリア・ムダ・ペルタミナ」「ウェスト・バンディッツ・ソロ」のメンバーでした。

私の意見では、委員会とIBLの経営陣は、先ほどの調整会議で提示された内容に正確に従ってプログラムを実行しました。

青年スポーツ大臣 アマリ氏はIBLコンペティションに参加するCovid-19にさらされたプレーヤーの状態に関するIBL委員会の情報公開を高く評価しました。

「彼らは隠蔽していません、それは良いことです。しかし、彼らはまたすぐにポジティブなプレーヤーを隔離しました。

テスト日を見ると、プレーヤーは宿に入る前、または試合会場に行く前に外部に露出されていたと思います。 メンポラ・アマリ氏は言った。

ゴルカル党の政治家でもあるメンポラ氏が木曜日(3月11日)の午後にIBLの場所を訪問する予定です。

彼は、IBL 2021で実装されている厳格なヘルス・プロトコル(プローブ)の実装を確実にするつもりです。

「私はその場所を訪れて、既存のプロークの実施を確認すると同時に、バスケットボールの代表チームが競争するのを見学します。

これは試合の場所ではなく、チサルア(Cisarua)に入る前に、もう一度、公開されていることを確認できます。 」とメンポラは言った。

一方、Covid-19陽性であることが知られているフェブリ氏は、すぐに独自で隔離を実施し、火曜日(9/3)の朝にすべてのビマ・プルカサのプレーヤーと職員がPCR再検査を受けました。

この状態により、「ビマ・ペルカサ」と「サチャ・ワカナ」との試合も延期されました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。