この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Garuda Indonesia 23 Kali Direct Call
Manado – Jepang, Potensi Ekspor Tinggi

オンラインメディア「テンポ」が伝えています!
Kamis, 11 Maret 2021 06:52 WIB


ガルーダ・インドネシアマナドのゼネラルマネージャーであるフォニー・F・ピノントアン氏は、航空会社ガルーダインドネシアが北スラウェシまたは北スラウェシ州での漁業輸出実績の増加を奨励していると述べました。

「これは、水産業の輸出の可能性が非常に高いことがわかったためです」と彼は2021年3月10日水曜日にマナドで述べました。

ガルーダ・インドネシア航空は、マナドのサム・ラトゥランギ国際空港から東京の成田空港に直接電話または輸出貨物を23回運んだと彼は語った。

 ボニーは、23の輸出のうち、輸出の総トン数は356.2トンに達したと述べた。

これまでのところ、日本に輸出される商品はマグロなどの水産物が大半を占めていたと彼は語った。 さらに、農産物と「一般貨物」があります。

23回の出荷のうち、1回の出荷で20トンを超える貨物の量はわずか3倍です。

最高記録は2021年1月6日に記録され、出荷量は27トンに達しました。

量の変動は、北スラウェシとアンボンおよびその周辺地域のマグロ製品への依存と切り離すことはできません。

「天気が悪ければ、マグロは少なくなります。もちろん、量も減ります」とボニーは言いました。

実際、北スラウェシからの輸出の可能性は、漁業、農業、プランテーションの両方の分野で非常に大きいと彼は言いました。

菊など「ブミニュルメランバイ」の各種商品も輸出が見込まれます。 「日本がグレードAを望んでいるだけだ」と彼は言った。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。