タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Kekerasan Terhadap Perempuan Meningkat,
DPR: RUU PKS Perlu Segera Disahkan

オンラインメディア「ソアラ」が伝えています!
Rabu, 10 Maret 2021 | 15:15 WIB


DPR RIは、2021年の優先的な立法計画に。暴力の撤廃に関する法案(PKS)を含めることにより、性的暴力の被害者を保護するために性的暴力の撤廃を規制するための特別法の存在を支持しています。

このステップは、2020年を通じて発生した性的暴力の数の増加を反映しています。

女性に対する暴力が増加、DPR:「性暴力根絶法案」は直ちに批准される必要がある

女性に対する暴力に関する全国委員会からの2020年の年次報告に基づくと、公共圏で合計3602件の暴力が発生しました。

その数字のうち、58%は性的虐待、レイプ、セクハラ、性交を含む性的暴力であり、残りはレイプ、ハラスメント、性交の試みであり、前年度から6%増加しました。

この現象は、氷山の一角、または実際に社会で起こっていることのごく一部であると疑われています。

このデータは、火曜日(2021年9月3日)にジャカルタの「セナヤン」にあるヌサンタラIIビルで開催された、「性的暴力の撤廃に関する法律を実現するために一緒に行動する」というタイトルのDPRRI専門機関ウェビナーに掲載されました。

性的暴力の犠牲者を保護するための努力として暴力の排除法案を支持します。

「女性に対する暴力に関する全国委員会」は、35人もの女性が毎日性的暴力を経験していることを発見しました。国際的な規模では、国連は生涯に性的暴力を経験した女性の3人に1人を記録しています。

2016年から2019年の間に、55,273件の暴力事件が報告され、そのうち41%が性的暴力を含み、残りはレイプ事件でした。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。