この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Kesimpulan Praperadilan Kubu Rizieq Shihab:
Penahanan Tak Sah karena 2 Sprindik

オンラインメディア「テンポ」が伝えています!
Kamis, 11 Maret 2021 11:35 WIB



リジエック・シハブ氏の弁護士であるジュジュ・プルウオントロ氏は、彼のクライアントによって提出された裁判前の訴訟裁判についていくつかの結論を伝えました。

第一に、彼の依頼人に対する警察からの逮捕状と拘留令状は、行政法に欠陥があり、非合法であると見なされた。

「そしてそれは取り消されるべきである」とジュジュ氏は彼のクライアントの裁判前についての書面による声明の中で、2021年3月10日水曜日に言った。

行政法上の欠陥は、リジエックの逮捕と拘留が2つの捜査令状別名「スプリンディク」に基づいていたためだとジュジュは説明した。

2つの「令状」には、

2020年11月26日付けのSP.Sidik / 4604 / XI / 2020 / Ditreskrimum、

および

2020年12月9日付けのSP.Sidik / 4735 / XII / 2020 / Ditreskrimum

の番号が付けられています。

ジュジュ氏によると、「スプリンディク」はそれぞれ異なる番号、日付、月が付いていました。 「容疑者は同じであるが、ハビブ・リジエック・シハブ。同じ法的事件、すなわち中央ジャカルタのペタンブラン地域での預言者の誕生日の際の「混雑」。

この裁判の別の結論は、特別な場合を一般的な刑事犯罪と組み合わせることはできないということです。

ジュジュ氏によれば、混雑の禁止に関する条項は、特別な犯罪、すなわち健康検疫法で規制されています。 一方、被告の裁判前、すなわち国家警察は、刑法第160条で一般犯罪の疑いでリジエックを拘留した。

「その結果、申請者に代わっての拘留令状は、特別な刑事事件と一般的な刑罰を組み合わせているため、法的に欠陥がある」とリジエック・シハブの弁護士は述べた。

「リジエック・シハブ」関連記事


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

1 thought on “リジエック・シハブ氏、収容所の予備的結論:2人の「スプリンディク」の違法な拘禁

  1. いわゆる厄介者になってしまっている彼の存在。ジャカルタのヤクザ的な存在でもあったらしい。またテロリストとも繋がっているなどの噂がある彼であるが、結果的にどうなるのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。