この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Mobil Sudah, Setujukah Anda Kalau Sepeda Motor Juga
Dapat Diskon Pajak?

オンラインメディア「デティコム」が伝えています!
Sabtu, 13 Mar 2021 06:34 WIB


家庭での消費を促進するために、現在の減税は、地元で生産された1,500 cc以下の自動車にのみ課されており、地元のコンテンツレベルは70%を超えています。

バイクはどうですか、税金の割引もすることに同意しますか?

KedaiKOPI調査研究所(インドネシア世論および討論グループ)は、高級品の消費税(PPnBM)の免除の認識に関する最近の調査を実施しました。

KedaiKOPI調査は、2021年3月1日から3月5日まで電話会議によって実施され、ジャカルタ大都市圏、スラバヤ、バンドン、メダン、マカッサルの各地域に800人の回答者が集まりました。

質問された調査の1つは、PPnBM緩和が自動車とバイクに同時に適用される事について、どうかというものですが、このポリシーは公正なポリシーだと思いますか?

金曜日(2021年3月12日)の仮想記者会見で、KedaiKOPI SurveyInstituteの所長であるLatifaniHalimは、次のように述べています。

さらに、調査では、PPnBM緩和をバイクにも適用する必要があるかどうかが示されました。

調査によると、59.1%が「はい」、22.5%が「いいえ」、18.4%が「わからない」と答えました。

これらの結果から、大多数の人々は依然としてバイクの減税を望んでいます。

現在、バイクのPPnBMは、財務大臣規則(PMK)番号33 / PMK.010 / 2017を参照しており、バイクのPPnBMレートには、60%と125%の2つがあります。

60%のPPnBMの税は、モペットや追加のバイクを装備した自転車を含む、シリンダー容量が250cc〜500ccを超えるバイクを対象としています。

次に、エンジン容量が500ccを超える二輪自動車のPPnBM率が125%になります。<中略>


注目すべきことに、政府は自動車産業を再び興奮させるための刺激として自動車に関するPPnBM関係を提供しました。

国内の自動車産業の状況は、コロナウイルスのパンデミックに伴い低迷しています。 2020年には、自動車販売台数は大幅に減少しました。

実際、売り上げが落ちているのは自動車だけではありません。 バイクも同様の状態になります。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

1 thought on “すでに車は、バイクも? 税金の割引を受けることに同意しますか?

  1. 庶民感覚で言えば、安くなれば嬉しい事は間違いありません。経済で一番お金を作ってくれる層と何の製品が、国内景気を引っ張っているのか?などなどを考えて、その製品を税金免除などで、景気対策をするべきでしょうね。それは、さまざまな統計を見てみないと、正直わかりません。政府に勉強してほしいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。