皆様とどうぞ共有ください!

Kapolresta Malang Dilaporkan ke Propam,
Mahasiswa Papua: Semoga Dipecat!

オンラインメディア「ソアラ」が伝えています!
Jum’at, 12 Maret 2021 | 14:04 WIB


マラン警察署長のコミッショナー ・レオナルドゥス・ハラパン・アントゥア・シマルマタ・プルマタ氏について、

金曜日(2021年12月3日)、南ジャカルタの「クバヨランバル」にある警察本部の国家警察「職業・安全部門」へ正式に報告されました。

レオナルドゥス氏が、パプア人の学生に対して人種差別や差別を行ったという疑いで報告されました。

パプアの学生連帯代表は今日の午後に報告書を提出した。

レポートは受信され、番号:SPSP2 / 815 / III / 2021 / Bagyanduで登録されました。

「今日、パプアの学生から正式に、マラン市のパプアの学生に対して非常に人種差別的で、差別的な声明を出したマラン警察署長のレオナルダス・シマルマタについて報告されました。」とマイケル・ハイマン氏は言いました。

マイケル氏は、人種差別の行為が2021年3月9日にマラン警察本部事務所の前で行われたと説明した。当初、多くのパプア人の学生が、前日の世界女性デーの行動、つまり3月8日に逮捕された多くの活動家を解放を要求する行動を実行していました。

パプア人の学生とメンバーによる行動は、マラン警察本部の門で行われました。 学生たちとパプア人活動家の友人は強制的に侵入し、すぐに釈放するように頼みました。

当時、マイケル氏は、レオナルダスが人種差別的で差別的な発言をしたと述べた。 そのうちの1つ、つまり学生の血をハラールと呼びます。

『撃つ、ただ撃つ。学生の血は合法だ。撃つ、撃つ』。だから、これは非常に、非常に、非常に禁止されている。実際、リーダーはそのような言葉を話すことができる」とマイケルは言った。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

1 thought on “パプアの学生が国家警察「職業・安全」部門に報告したマランの警察長官が解雇されるか?

  1. これに限らず、どうしてパプアの方々は、差別的な事をされるのか?もちろんかなり昔からあったのであろう。そこでパプアの方々も根に持っているのであろうか?あるいは警察の方も何か、インターナルであるのであろうか?

コメントを残す