この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Dua Bos Sinarmas Dilaporkan
ke Polisi soal Dugaan Penipuan

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Minggu, 14/03/2021 13:27 WIB


PT Sinarmasの社長コミッショナーと社長ディレクターは、詐欺、横領、手紙の偽造、マネーロンダリング(TPPU)の疑いのある行為に関して、警察犯罪捜査庁に報告されました。

レポートは、2021年3月10日付けの番号LP / B / 0165 / III / 2021 / BARESKRIMで登録。CNNIndonesia.comは、レポートがカロペンマス警察本部のルスディ・ハルトノ准将からの報告を確認しました。

「それは本当です(レポート)」とルスディ氏は、日曜日(3月14日)は言いました。

 

レポートの中の記者は、アンドリィ・チャヤディ氏に代わって書かれています。

一方、報告では、PT.Sinarmas Sekuritasの社長として、PT.Sinarmasおよび、コカルジャディ・チャンドラ氏の社長コミッショナーして知られているインドラ・ウィジャジャ氏という名前です。

彼らの報告は、2人の男性は、詐欺の犯罪行為に関する刑法第378条、横領に関する刑法第372条、横領に関する第374条に違反した疑いがありました。

さらに、両者はまた、書類の偽造に関する刑法第263条、およびマネーロンダリングの犯罪に関する第2条、第3条、第5条に違反している疑いがありました。

書類のLPに書かれているように、詐欺の疑いは2020年12月に南ジャカルタのある場所で行われた。

CNNIndonesia.comは、詐欺の疑いのある報告についてのフィードバックを求めて、PTSinarmasに連絡しようとしています。 しかし、このニュースが発表されるまで、PT SinarMasからの公式声明はありませんでした。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

1 thought on “詐欺の疑いについて警察に報告された2人のSinarmasボス

  1. これだけの大物だから、簡単に尻尾でさえは見せないだろう。いつの間に消えてしまう話になる予感がある。警察は、訴えは受け取っているが。大きな問題にはならないのではないか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。