この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Bantul Siapkan Petani Muda untuk Magang ke Jepang

オンラインメディア「テンポ」が伝えています!
Selasa, 16 Maret 2021 06:35 WIB


ジョグジャカルタ特別地域のバントゥル県の食品農業水産局は、農業省が開催する日本の見習いプログラムに参加するために、この地域の若い農民を準備しています。

中央政府のプログラムがあり、後で日本と取引されるので、農業でビジネスをしている各地域で移動中の若者を目覚めさせます。

農林水産省の長は述べました。 2021年3月15日月曜日、バントゥルのバントゥル・ユスワルセノ氏。

2021年3月15日月曜日、バントゥルで、食糧農業・海事・水産局の責任者であるユス・ワルセノ氏は語った。

彼によると、世界的に競争する準備ができている、インドネシア全土に1,000人の若い農民が、千年の農民の能力を高めるために、日本での農業省の見習いプログラムに参加します。

若手農民の日本への見習いプログラムの正確な時期は不明であるが、今年は段階的に実施される予定であるため、選出される若手農民の登録の準備を始めたと述べた。

「興味のある人は、それぞれの機関に登録してテストを受けることができます。合格すると、見習いになります。すでにいくつかリストされているので、完了を待つだけでお勧めします」と彼は言いました。

彼は、ジョグジャの首都「バントゥル」の若い世代を農業に引き付けるために、地区ごとに農民士官候補生を形成することによって行われる、その活動は、例えば農業の導入、加工へのマーケティングなど、政府によって促進されると述べた。

「私たちエージェンシーは、ナウンガン・イモギリ地区のように、アグロツーリズムに従事する青年組織を結成するためにこの条件を開始しました。

苗床から収穫後まで、千年の農民がいます」と彼は言いました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

1 thought on “バントゥル市は日本の見習いのために若い農民を準備

  1. 日本の若者が行っている、農業をやり方(作物を作るだけではない物も含め)をどんどん勉強してほしい。インドネシアも農業従事者は、貧乏で、教育レベルが低いなどという考え方は、有ったとしても、減ってきているはずだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。