この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

BPS: Ekspor ke Cina, AS, dan Jepang Capai 41,77 Persen pada Februari 2021

オンラインメディア「テンポ」が伝えています!
Senin, 15 Maret 2021 22:21 WIB


中央統計局(BPS)は、2021年2月の3か国からの非石油およびガス輸出が全体の41.77パーセントに達したと述べました。

1つ目は、中国への輸出、つまり29.5億米ドルです。 続いて、2位が18.6億米ドル、2位が12.0億米ドルの日本が続く。

2021年3月15日月曜日の仮想記者会見で、BPSスハリヤントの責任者は「3人の貢献は(総輸出額の)41.77パーセントに達した」と述べた。

2021年1月から2月までの期間、

中国は60億米ドル(20.83%)の価値を持つ最大の輸出先国であり続け、

次に米国が35億米ドル(12.27パーセント)、

日本は24億米ドル(8.51パーセント)。

この期間に中国に輸出された主な商品は、鉄鋼、石炭、亜炭でした。

2021年2月の13カ国からの非石油およびガス輸出の総額は103億8000万米ドルに達し、

2021年1月と比較して71.3百万米ドル(0.69パーセント)増加した。

この増加は、いくつかの主要な国への輸出額の増加によるものであった。

台湾、2億1740万米ドル(85.75パーセント)、

米国1億8670万米ドル(11.15パーセント)、

オランダ37.0百万米ドル(14.15パーセント)など

一方、減少を経験したいくつかの国には、

1億7,800万米ドル(19.72%)のインド、

9,620万米ドル(3.16%)の中国、

4,970万米ドル(8.14%)のシンガポールが含まれます。

一方、ASEANと欧州連合への輸出はそれぞれ29.9億米ドルと11.3億米ドル。

それぞれが2021年1月と比較して1.96パーセントと3.28パーセント減少しました。

その期間のASEAN地域と欧州連合への輸出はそれぞれ20.98パーセントと7.97パーセントに貢献しました。

地域別によると、

2021年1月から2月までのインドネシアの最大の輸出は

西ジャワから51.6億米ドル(16.90パーセント)で、続いて

東ジャワが32億3000万米ドル(10.56パーセント)、

そしてリアウ州が26.4億ドル(8.63パーセント)。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

1 thought on “中央統計庁:中国、米国、日本への輸出は2021年2月に41.77%に達する

  1. 中国一位、二位がアメリカ、三位が日本。輸出を受け入れる国の順番で忖度せずに、インドネシア国がして欲しい事を手伝ってくれる国に忖度すれば良い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。